その他

もう食べられない!味もそのまま保てるケーキの安全な保存方法

【西内花月堂】 ティラミス ケーキ

2021/10/21

記念日やちょっとしたご褒美などに用意することの多いケーキ。

せっかく準備したけれど食べきれなかったという経験はありませんでしょうか。

食事が終わり、いざケーキを食べようと意気込むも、お腹がはち切れそう!なんてこともあるでしょう。

そんな時、ケーキをどのように保存していますでしょうか。後日食べようとした時には美味しさが失われていた経験もあると思います。

実は正しい方法で保存することによりケーキの美味しさを保つことが可能です。

保存後に食べようとした時、用意したての時の美味しさがなくなっていたということがないように、保存の仕方をマスターしましょう。

ケーキを保存する時の注意点も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ケーキの正しい保存方法

【セバスチャン・ブイエ】テンダンス
出典:【セバスチャン・ブイエ】テンダンス – Cake.jp

この記事では食べきれなかったケーキの正しい保存方法をご紹介します。

ケーキを保存していたけれど、パサパサして食べられなくなったり変な匂いがついてしまったりしたことはありませんでしょうか。

実は、購入時の箱のまま保存してしまうとケーキは早く悪くなってしまいます。

少しでも長くケーキを美味しく食べられるように保存方法をまとめましたのでぜひ実践してみてください。

タッパーに入れて冷蔵保存するのがおすすめ

フロマージュアグリューム
出典:【アルノー・ラエール パリ】フロマージュアグリューム – Cake.jp

ケーキが余った場合には、タッパーに入れて冷蔵保存するのがおすすめです。

箱のまま冷蔵保存してしまうと、どうしても乾燥しやすくなり、味が落ちてしまいます。

ケーキをタッパーに入れて保存することで、乾燥や他の食材の匂いが移るのを防いでくれます。

タッパーがない場合はラップで包んで保存することでも効果を期待できます

ただ、ラップで包む際には圧力がかかってしまい、ケーキが変形する場合があるので注意するようにしましょう。

さくらんぼセンイルケーキ
出典:さくらんぼセンイルケーキ – Cake.jp

適切な大きさのタッパーがない場合はボウルなどでの代用もおすすめです。

なるべくケーキに対して大きすぎない適切な大きさのボウルを用意し、ケーキの上に被せましょう。お皿にケーキを乗せてその上からボウルを被せればタッパーと同じような状態になります。

ポイントとしては、タッパーでもお皿とボウルでも、保存する際には隙間ができないようにすることです。

密閉ができていないとケーキが乾燥しやすくなってしまいます。特にボウルで保存する場合は大きめのお皿を利用し、ボウルとお皿の間に隙間ができないようにしましょう。

ケーキによっては冷凍保存できる

ビアンカ
出典:【人形町で人気のヴァン・ドゥーフのスイーツ】ビアンカ – Cake.jp

ケーキの種類によっては冷凍庫で保存することができます。

ガトーショコラやチーズケーキのようなフルーツや生クリームを使っていないケーキ

これらは冷凍庫での保存が可能で、冷蔵保存よりも長期間、美味しい状態を保てるのでおすすめです。

フルーツが使われているケーキを冷凍すると、どうしても水分が抜けてしまうので解凍したときにみずみずしさが失われてしまいます。

冷凍保存する場合も冷蔵保存の時と同様にタッパーやラップで保存するようにしましょう。

冷凍保存したケーキを解凍するときは、食べる前日から冷蔵庫でゆっくりと解凍することでより美味しく食べることができます。

常温で解凍すると時間はかかりませんが、ケーキが傷みやすくなってしまうので注意しましょう。

▼冷凍保存におすすめのケーキ

  • ロールケーキ
  • ガトーショコラ
  • チーズケーキ
  • タルト

ケーキ専用の保存容器を使う

豆乳クリームのロールケーキ
出典:【ヴィーガンスイーツ・ヴィーガンケーキ】豆乳クリームのロールケーキ – Cake.jp

ケーキを頻繁に食べるという方にはケーキ専用の保存容器を使うのがおすすめです。

通常、ホールケーキを丸々保存するとなるとかなりの大きさのタッパーを準備しなければなりません。しかし、ケーキ専用の保存容器があれば、無理なく簡単に保存することができます。

ホールケーキ用の保存容器だけではなく、ロールケーキに対応した縦長の容器や、ショートケーキなどのピース用の小さい容器まで様々なものがあります。

よく食べるケーキの形に合わせて保存容器を選びましょう。

見た目がおしゃれな専用ケースは、そのままテーブルに出して取り分けることもできます。

蜜いもクリームタルト
出典:蜜いもクリームタルト – Cake.jp

現在では、真っ黒で高級感のあるケースや木目調で柔らかみのあるケースなども販売されているのでケースを選ぶのさえも楽しくなるでしょう。

ホールケーキ用の保存容器を購入する際には、大きさに注意が必要です。

保存容器が小さいと買ったホールケーキが入らない場合があります。また、直径だけではなく、高さも意識するようにするようにしましょう。

トッピングごと丸々保存したい方は、ある程度の高さがある保存容器の購入がおすすめです。

ケーキの賞味期限はどれくらい?

「Sincere」の絶品バスクチーズケーキ
出典:「Sincere」の絶品バスクチーズケーキ – Cake.jp

実際のケーキの賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

ここでは、冷蔵保存する場合だけではなく、冷凍保存する場合のケーキの賞味期限までまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

また、ケーキが食べられるかどうかを判断するポイントも詳しくお伝えします。

保存していたケーキがダメになっていないかを確認し、美味しく食べましょう。

この記事でご紹介している賞味期限はあくまで目安となります。店舗によってもケーキの賞味期限が異なるので、購入時にお店に確認するのがおすすめです。

冷蔵保存の場合は1日程度

購入したケーキを冷蔵保存する場合は1日程度が賞味期限の目安になります。

特に生クリームやフルーツを使用しているケーキは足が早いのでなるべくその日のうちに食べ切るようにしましょう。

生のフルーツが使われていないタルトやチーズケーキなどは、数日冷蔵保存していてもある程度は美味しく食べることができます。

しかし、購入してから冷蔵庫に入れるまでの時間や使われている材料によっても変わるので、あらかじめお店の方に聞いておくことをおすすめします。

冷凍保存の場合は2週間以上持つ

ガトーショコラ グルテンフリー
出典:ガトーショコラ グルテンフリー – Cake.jp

ケーキを冷凍保存する場合は2週間以上経っても美味しく食べることができます。

基本的に全体が焼かれているガトーショコラやチーズケーキなどは、冷凍保存で最大で1ヵ月程度持つことが多いです。

冷凍保存をする際にもタッパーやラップなどで覆ってから保存するようにしましょう。

フルーツが乗っている場合は取り除いてから、別々に冷凍する必要があります。

フルーツは冷凍できる期間が短かったり、解凍時に水分が出てしまい美味しさが損なわれてしまったりすることがあります。

ケーキが食べられるかどうかを判断するポイント

保存しているケーキがまだ食べられるかどうかを判断するには以下のポイントをチェックするようにしましょう。

▼保存していたケーキが食べられないとする判断ポイント

  • 乾燥して硬くなっている
  • 匂いが変になっている
  • 酸っぱくなっている
  • 粘り気が出ている
  • カビが生えている

上記のポイントに該当する場合はケーキが食べられなくなっています。長期間冷蔵保存していると当てはまりやすくなるので気を付けましょう。

また、暑い日に常温で保存しているとすぐにダメになってしまいます。

もったいない気持ちはありますが食べてしまうとお腹を壊す可能性があるので、食べるのは避けるようにしましょう。

ケーキを保存するときの注意点

ケーキを保存するときにはいくつか注意点があります。

ケーキを購入した日に食べきらずに保存をするという場合は、ここで紹介している注意点を押さえておくようにしましょう。

ケーキを常温保存しても大丈夫?

ヴィーガン-ハートのスノーホワイトショコラrawケーキ
出典:ハートのスノーホワイトショコラrawケーキ – Cake.jp

ケーキはなるべく常温保存しないようにしましょう。少しの間でも常温で置いておくとすぐにダメになってしまうので、食べない分はすぐに冷蔵保存、または冷凍保存するのがおすすめです。

特に、生クリーム系のケーキは十分注意して冷蔵状態を保ちましょう。

室内温度が高い夏場はケーキを取り分けたらすぐに冷蔵庫に戻す必要があります。少しの時間でもケーキがダメになってしまうので注意が必要です。

時間が経つにつれて美味しさは損なわれる

ケーキを冷蔵・冷凍保存していても時間経過とともに美味しさが損なわれていきます。

生クリームが水分を吸ってへたってきたり、スポンジが硬くなったりしてしまいます。

基本的に、生クリームは冷蔵保存の場合、数日でダメになってしまうので、保存期間に気を付ける必要があります。

基本的には、冷凍保存をする方が冷蔵保存よりも美味しさが損なわれにくいです。数日以上保存しておくという場合には、冷凍保存することでより美味しく食べることができます。

ホールケーキは切り分けてから保存

いちごのアントルメ・グラッセ
出典:【パティシエ 渋谷たくと 監修】いちごのアントルメ・グラッセ – Cake.jp

ホールケーキはそのまま保存するのではなく切り分けてから保存することをおすすめします。

小分けにしておくと食べたい分だけ解凍できるので、再度冷凍する手間も省くことができます。

また、味が落ちやすい再冷凍も避けることができるのでぜひ実践してみてください。

保存した日付を記録しておく

ケーキを保存するときには日付を記録しておくようにしましょう。

冷蔵保存の場合は数日程度なので覚えやすいですが、冷凍保存の場合は長く保存が効くケーキだと最大で1か月程度保存することができるので、保存した日が曖昧になってしまいます。

保存する際には日付を記載した紙を一緒に入れたり、スマホなどで写真を撮ったりして日付を記録しておきます。そうすることで、いつ保存したのかを忘れることなくケーキの保存状態を把握することができます。

また、長期間冷凍保存した場合は、解凍時にケーキが悪くなっていないかを確認する必要があります。

解凍したら早めに食べる

シートケーキ 抹茶
出典:シートケーキ 抹茶 – Cake.jp

ケーキは解凍したら早めに食べるようにしましょう。

一度冷凍したケーキを解凍すると冷凍していないケーキに比べ、早く悪くなってしまいます。解凍したらその日のうちに食べるのがベストです。

解凍したケーキを再冷凍して保存すると大きく味が落ちてしまいますので避けるようにしましょう。

ケーキは半解凍でも美味しく食べることができるため、完全に解凍されるのを待つ必要はありません。普通に食べるケーキとは違った食感になるのでぜひ試してみてください。

ケーキを正しく保存して美味しく食べよう

今回は、ケーキの正しい保存の仕方についてご紹介しました。

ケーキをよく食べるためストックしているという方や箱ごと保存している方も多いのではないでしょうか。

ケーキは特別な日に食べることが多く、あまり保存の仕方に慣れていないという方もいることでしょう。

【西内花月堂】 ティラミス ケーキ 5号(直径約15cm)

¥3,699(税込)

普段から食べている方でもすぐには食べ切れないこともあると思います。

そんな時、今回ご紹介した保存方法を知っておくことで、いざとなった時に役に立つのではないでしょうか。

タッパーに移し替え、密閉状態で保存するだけでケーキの美味しさを保てるということは嬉しいですね。

ついつい買いすぎてしまうケーキですが、正しい保存方法を知ることで、その日のうちに食べきれなくても安心です。

ケーキにより保存の期間はさまざまですが、冷凍していても2週間から1か月程度以内には食べ切ることは必要になってくるため、よく保存をする方や保存が必要になった方はぜひ参考にしてみてください。

よくばりカルテット【ヴィーガンスイーツ】 あなたはいくつ答えられる?スイーツの種類
【桐箱入り】特大羊羹 シーン別にご紹介!接待の手土産の選び方やおすすめスイーツとは?

おいしいケーキと
オトクな
クーポンをお届けします QRコードからLINEに友達追加!

リンクをコピー
リンクをコピーしました!

Instagram